レトロ

盛岡市にレトロな町並みを見る ― おくのほそ道をゆく

盛岡の街を歩く芭蕉一行は出羽の国へ向ったが、わたしは南部地方へ向って北上した。いったん芭蕉から離れ、わたしの「おくのほそ道」(角館・男鹿半島)をゆくとしよう。その前に、秋田県を巡る旅の中継地である盛岡での散策(二時間だけ)を楽しんだので、…

「おくのほそ道」をゆく #05 塩竈街道は博物館の道か文学の道か?

リュックザックをホテルに預け、身を軽くして塩竈街道を西に向って歩いた。目指すは陸奥国一之宮・塩竈神社である。少々の雨は気にしない 気にしない。 太田屋 写真は味噌と醤油を製造販売している「太田屋」さんである。真新 しい金文字の看板が屋根に上が…