日々の出来事

京都大原に「悲運の惟喬親王」の墓と棚田を訪ねる

渚の院(文徳天皇の離宮)にて桜を見てよめる 世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし 惟喬(これたか)親王と紀貫之、そして在原業平とはどのような関係にあるのか詳しくは知らないけれど、惟喬親王の母の姓は「紀」であったと覚える。それが…

ようやく手に入った消毒用アルコール?

この三ヵ月ほど自主的に外出自粛(高血圧などの病を複数抱えているので)を 行ってきた。やむを得ずに写真撮影に出かけるときや好みの内蔵消毒用のアル コールを購入する必要に迫られた場合には、人気の少ない通りを歩いては目指 す商店へ行っていた。 手頃…